私の父は綺麗好きな面も確かにあるものの、それ以上に無駄に物を室内に溜め込む性格が私を含め家族全員を困らせていました。既に誰も利用しなくなった家具や家電も中々処分しようとせず、それが既に物置きや押入れの中に溢れんばかりに溜まっているのです。
確かに室内こそ綺麗に整頓されているのですが、それも表面的な部分だけ。そろそろ家庭内から不用品を整理・処分しなければいずれ大変な事になると何とか説得し、渋々OKを貰った約半分程の不要な家具や壊れた家電を粗大ごみとして回収業者に引取り依頼する事となったのです。
倉庫や押入れに結構無造作に詰め込まれていたこれらのアイテムは取り出すにも一苦労。ただどうしても重くて手が出せない物に関しては処分当日にやってきた業者スタッフに作業を代行してもらい、何とか無事に完了する事が出来ました。
実際倉庫や押入れ内がスッキリしてみると、気難しかった父も嘘の様に機嫌を取り戻し、これなら残りの不要品も近いうちに処分してしまおうか、という気になったのが驚き。今までは不用品とは言え手持ちのアイテムが無くなってしまう事に対する不安が強く、今回の作業でその気持ちを払しょく出来たのでしょう。

PR|遺品整理で困ったらこちら