数年前まで粗大ごみは無料で引き取って貰えたのに、今はすっかり処分するにもお金がかかるようになってしまったと感じる人は多いのではないでしょうか。私が住んでいる地域でも粗大ごみ1個につき500円も処分料がかかるようになってしまったので、処分したくてもなかなか出来ずに家の外に放置している粗大ごみがいくつかあります。その中でもずっと気になっていた粗大ごみは炬燵机です。

 

炬燵机は厚みがあって重く、場所を取るので処分したくて仕方ありませんでした。解体用のノコギリ等も無かったので、そのままずっと外に放置していました。しかしある日ふと炬燵机を見てみると、天板と足部分の接続部分はネジで留められていました。それまでずっとノコギリ等で天板と足部分を切らなければ処分出来ないと思い込んでいました。

 

ネジで留められていると分かり、すぐに解体してみた所すんなりと天板と足部分を外す事が出来ました。足部分はそのまま可燃ごみの袋に収まったので良かったです。天板は知り合いの大工さんにノコギリで4等分に切って貰う事が出来、こちらも可燃ごみとして処分出来ました。

 

ある意味思い込みでずっと放置してしまっていた炬燵机ですが、やっと処分する事が出来て気持ちも軽くなりました。まだまだ粗大ごみがあるので、これを期に解体用のノコギリを購入して少しずつ細かく切って処分する作業をやって行こうと思います。